時事

クルーズ船感染で初の死亡者、死因や下船日はいつ?日本人2名

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で新型コロナウイルスに集団感染した中で、ついにお亡くなりになる方が出てしまいました。

2020年2月20日の時点で乗員乗客3700名のうち、621名が感染してしまいました。

そのうち80代の日本人2名が死亡したことが報道されました。

新型コロナウイルスが原因の一つですが、その他の死因(原因)、下船日や病院など調べてみました。

クルーズ船感染で初の死亡者、報道内容

ダイヤモンド・プリンセス号では2020年2月20日の時点で現在621人の感染者が確認され、このうち21名が重症となっていました。

そのうち2名の方が死亡されました。
・87歳 男性 神奈川県在住
・84歳 女性 東京都在住

国内での感染者が死亡したのはこれで3名となりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

クルーズ船感染で初の死亡者、死因や下船日は

87歳の男性は、2月10日に発熱があり、翌日の2月11日に呼吸が苦しくなり下船して医療機関に入院。

2月15日に呼吸状態が悪化して人工呼吸器を装着、2月19日に血圧が低下して呼吸状態も悪化し2月20日に死亡が確認されました。

気管支ぜんそくなどの基礎疾患があったそうです。

84歳の女性は、発熱が続いたため2月12日に下船して入院し、息切れと食欲不振があったため酸素投与や抗菌薬の投与を開始。

その後呼吸状態が悪化し、2月14日から酸素マスクを装着。
その後も症状が改善せず2月20日に死亡が確認されました。

特に基礎疾患がなかったため、新型コロナウイルスによる肺炎が死因とされています。

2月21日までに全員の下船が終わる予定です。




クルーズ船感染で初の死亡者、世間の反応とまとめ

やはり政府などの対応に対しての批判が多く見受けられました。

「人災です!」
「精一杯やってるから批判するなとか言えますか?私は無理」

「対策があまりに非科学的。」
「致死率は本当に2%なのか?」

「感染専門の第一人者を無視した結果はこれからもどんどん起こる」

「やはり高齢者は感染すると重症化するリスクが高いんでしょうね。ご冥福をお祈りさせて頂きます。」

Twitterコメントなど引用

厚生労働省2人と内閣官房の職員1人、男性検疫官1人も感染し対応の悪さが目立っています。
一刻も早く終息できるよう最善を尽くしてもらいたいです。

【ウエステルダム号】新型コロナ感染者でカンボジアが称賛から批判に日本政府を含め、各国が入港を拒んでいたウエステルダム号をカンボジア政府が受け入れて称賛を受けていました。 しかし下船の際の検査が不...
ABOUT ME
TAMA
最近気になる話や情報など気ままに書いています。