時事

東北初の感染は仙台市の誰?クルーズ船帰宅者で自宅や経路・接触者など

2020229日、東北で初となる宮城県仙台市で新型コロナウイルス感染者が出たと報道がありました。

横浜のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から下船して帰宅した70歳男性でした。

クルーズ船から帰宅した人は他にもいたのか、自宅の場所や接触者について調べてみました。

東北初、宮城県仙台市の新型コロナ感染、報道内容

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から帰宅の70代男性

220日 14日間の船内で健康観察が終わり陰性を確認後に下船
 
公共機関(東北新幹線と在来線)で移動し帰宅
228日 微熱などの兆候があり医療機関に検査入院
229日 検査の結果、新型コロナウイルスに感染と診断

70代男性の状態は落ち着いていて重症ではないということです。

クルーズ船から帰宅した人に発熱の人が数十名出ていると報道がありましたので、そのうちの1人でしょうか。

自宅住所については公表されていませんが、これから記者会見で詳細が分かる可能性があります。

東北初、宮城県仙台市の新型コロナ感染、その他の接触者は

https://twitter.com/hoku_to4910/status/1233560148901122048?s=20

外出は食材などを買いに行く程度で、マスクは着用していたそうです。

濃厚接触者はクルーズ船に一緒に乗船していたご家族1人で同時に検査したが陰性でした。

宮城県内にはクルーズ船からの帰宅者が9いました。

市中感染ではないので、これで仙台市や東北地方で一気に感染者が増えることはなさそうです。




東北初、宮城県仙台市の新型コロナ感染、世間の反応は

「観光をしたり、買い物するより新幹線や飛行機の方が感染リスク高い気もする」

「村井知事、郡市長の発信力が問われる」
「「お帰り下さい」で、全国にばらまく。日本の行政、誰も責任をとらない」

「あの時点で陰性だった人は降ろして別のところで隔離すべきだった?」
「よりによって人の多い仙台…」

Twitter、ヤフーコメントなどから引用

 





まとめ

クルーズ船での対応や、下船後の対応についても批判が増えています。

北海道では緊急事態宣言まで出ている状況で政府や政治家の手腕が問われています。

記者会見後に新たな情報など分かりましたら追記します。

アルカリ電解水がコロナウイルスに有効!殺菌効果も高く安価で便利、情報7daysで紹介新型肺炎(コロナウイルス)の感染拡大によりマスクやアルコール消毒の商品が品切れで買えなくなってきています。 2020年2月8日放送...
ABOUT ME
TAMA
最近気になる話や情報など気ままに書いています。