スポーツ

びわ湖毎日マラソンで五輪男子代表決定、日本新を狙える選手は?選考基準など

2020年3月8日、びわ湖毎日マラソンが男子五輪代表の最終選考となります。

すでに2名の代表が決定しており、最後の1枠をかけて争われています。

3月1日に開催された東京マラソンで大迫傑選手の出した日本新記録、2時間5分29秒を上回ることができなければ大迫選手で代表が決定します。

大迫が日本新!代表3人目決定か、五輪選考基準は?東京マラソン快走2020年3月1日に東京マラソンが開催されました。 大迫傑選手(ナイキ)が自身の持つ日本記録を更に更新して2時間5分29秒でゴ...

びわ湖毎日マラソン、代表決定選手と五輪選考基準は、

2019年9月に開催されたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で2名が決定しています。

中村匠吾選手(富士通)

服部勇馬選手(トヨタ自動車)

残り1枠は大迫傑選手の出した日本新記録、2時間5分29秒を上回った日本人で1番好記録の選手。

2時間5分29秒を上回ることができなければ大迫傑選手の代表が決定します。

びわ湖毎日マラソン、日本新記録を狙えそうな有力選手は

選考基準で持ちタイム上位の選手は、記録の狙いやすい東京マラソンに出場していました。

そのため、かなり難しいかもしれませんが、ナイキの新型シューズなど好記録が出る可能性はあります。

川内優輝選手 (あいおいニッセイ同和損保)

自己最高記録 2:08:14

荻野皓平選手 (富士通)

自己最高記録 2:09:36

大塚祥平選手 (九電工)

自己最高記録 2:10:12

鈴木健吾選手 (富士通)

自己最高記録 2:10:21

山本浩之選手はケガのため欠場となり、上記4選手が有力候補になります。




びわ湖毎日マラソンで五輪男子代表決定、まとめ

過去の大会でも外国人選手含め2時間5分台は出ていないので、日本新記録はかなり厳しそうです。

また日本新記録が出た場合の賞金1億円も大迫選手に支払い、資金が枯渇してしまい今回は新記録が出ても800万円だそうです。

それもなんかかわいそうですね・・・

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、沿道での選手への応援を自粛してほしいとのことです。

声援が選手に届かないのは残念ですが、健康管理も大事ですのでルールを守って応援しましょう。

 

 

ABOUT ME
TAMA
最近気になる話や情報など気ままに書いています。