スポーツ

(無観客開催)大相撲春場所予想と注目の次世代大関候補、朝乃山に期待

大相撲

2020年1月の初場所で豪栄道関が引退しました。
年寄「武隈」を襲名して、今後後進の指導にあたることになりました。

そして新型コロナウイルスの影響で無観客での開催となりました。

豪栄道の引退により、一気に世代交代が進んでいきそうです。

大関が一人になり「横綱大関」が38年ぶりに復活するほど上位陣が不足。
大相撲にも世代交代が急がれます。

春場所の予想と合わせて新大関候補など次世代候補の直近成績などまとめてみました。

大相撲春場所の予想

まずは横綱の2人。
体調が万全なら当然ながら優勝候補筆頭となりますが初場所はどちらも途中休場。

すでにピークは過ぎており、体調次第といったところでしょうか。

白鵬

2020年1月場所は、かかとの傷口に細菌が入って炎症を起こしたなどとして4日目から休場。

2日目に遠藤、3日目に妙義龍に金星を許していて3月の春場所にどこまで戻せるのか微妙です。

鶴竜

2020年1月場所は、左足関節炎のため5日目から休場。
初日に遠藤、3日目に北勝富士、3日目に金星を許しています。

3場所連続の休場ということで白鵬よりさらに微妙です。

続いて大関、豪栄道の引退、高安と栃ノ心の陥落でついに1人となってしまいました。

貴景勝

2020年1月場所は11勝4敗、両横綱が途中休場で不在になりました。

大関の豪栄道と、関脇に陥落して大関復活を目指していた高安も負け越しと、上位陣不在の中では残念な成績でした。

来場所も両横綱が不在もしくは万全でなければ優勝候補筆頭となりますが、勢いのある幕内力士に負けてしまい取りこぼしが多いところが気になります。

大相撲春場所の大関候補

大関昇格には直近三場所三役での成績で合計33勝が目安と言われています。

ただ大関が一人しかいないときなど不足しているときは33勝に届かなくても昇進していることもありました。

春場所で合計33場所に届き、大関昇格の可能性がある力士は?

朝乃山


生年月日 1994年3月1日(25歳)→春場所には26歳
出身 富山県富山市
身長 188cm
体重 171kg

2020年1月場所は関脇で10勝5敗
2019年11月場所で11勝4敗でしたので、3月の春場所で12勝すれば大関昇格
あるいは11勝でも可能性はあるかもしれませんがしっかり勝ちきってほしいところ。

春場所、3役で3場所合計33勝に到達の可能性があるのは朝乃山関だけでした。




大相撲、注目の次世代候補は

阿炎


生年月日 1994年5月4日(25歳)
出身 埼玉県越谷市
身長 187cm
体重 147kg

2020年1月場所は小結で5勝10敗と負け越してしまいました。
2019年は6場所すべて勝ち越していましたので今後の成長に期待です。

御嶽海


生年月日 1992年12月25日(27歳)
出身 フィリピン生まれ(長野県木曽郡上松町育ち)
身長 180cm
体重 177kg

2020年1月場所は前頭2枚目で7勝8敗と負け越してしまいました。
2019年9月場所には12勝3敗で幕内優勝と実力もあるので今年は勝負の年でしょう。

正代


生年月日 1991年11月5日(28歳)
出身 熊本県宇土市
身長 184cm
体重 165kg

2020年1月場所は前頭4枚目で13勝2敗と今一番調子のよい力士です。
2019年11月場所も前頭10枚目と幕内下位ながら11勝4敗と、春場所には3役で小結の可能性が高いのでここからが大事です。

他にも阿武咲23歳、大栄翔26歳、北勝富士27歳、遠藤が29歳、
更に若い力士が出てくることを期待したいです。

炎鵬関は大関というよりも3役か幕内上位でほかの上位陣を引っかきまわしてほしい存在です。

大相撲、横綱大関とは?

江戸時代から小結、関脇、大関の三役は欠くことができないため、大関不在の場合横綱が大関を兼ねることになるそうです。

貴景勝の1大関となるため、横綱が大関を兼ね番付表に記載されることになります。
1982年初場所依頼、38年ぶりに鶴竜が務めます。

もし3月の春場所に朝乃山が大関昇格できなければ次の5月も引き続き横綱大関の番付表になります。

このまま昇格がないうちに横綱二人とも引退したらどうなる?

場所ごとに調子の良い力士が優勝して長く勝ち続けられない・・・ということは無いようにしてほしいですね。




大相撲春場所予想と注目の次世代候補まとめ

注目や期待の若手力士は何人もいますが、まだ一歩抜け出せていないのが実情でしょうか。

抜け出せていれば、スッと貴景勝のように昇格できてしまうのでしょうが。

強い横綱・大関が揃ったガチンコの勝負を早く見られるようになることを期待しています。

初場所で幕尻優勝を果たした徳勝龍関も応援していますが「次世代」ではなくベテラン組なので書きませんでした。ご了承ください。

まずは春場所どの力士が抜け出してくるか、朝乃山関の大関取りに期待したいと思います。

徳勝龍【大相撲】初場所で優勝!これまでの成績や経歴、結婚は?2020年1月の初場所で幕尻(西前頭17枚目)からの大躍進。 千秋楽は結びの一番で貴景勝と対戦し見事勝利して初優勝を飾りました。 ...
ABOUT ME
TAMA
最近気になる話や情報など気ままに書いています。