リタイア

セミリタイアまでの備忘録

リタイア

まずはセミリタイアに向けて準備から実行まで、

27歳の時に独立。
漠然と40歳までにはしっかり稼いで引退して優雅な生活を・・・

なんて思っていましたが、40歳になっても日々の生活で忙しく仕事をしていました。

経営している会社は低空飛行ながらも毎年利益を出していましたが、引退できるほどの貯金は貯まらず、ストレスは溜まる一方でした。

海外旅行に出会う(ハマる)

そんななか、40歳になる寸前に一度くらいは海外へ行ってみようと旅行を計画。

そして海外の魅力にハマってしまいました

ビーチ
それからは年に3回から5回ほど東南アジアを中心に旅行をするように。

このあたりから漠然としたリタイアに対する考え方も変わってきました。

他の人のリタイアブログを見ていると会社勤めだった人がほとんどですが、会社経営もストレスが溜まります。

45歳ごろにはそのストレスもピークに。

独身ということもあり、真剣にリタイアについて考え計画を立て始めます。

経営者で社員も雇っていますので、すぐに辞めることはできません。

事業を引き継ぎたい社員は居るか、どうすればスムーズに事業承継ができるのかなど勉強しながら進めていきます。

事業承継を進める

幸い、事業を引き継ぎたいという社員にも恵まれ少しずつ仕事の引継ぎなどしていき、
3年かかって2020年秋には代表変更、事業引継ぎがある程度完了。

会社にはしばらく残りますが、普段は出社などせずに必要な時だけ仕事をするスタイルに。

まだやり残した仕事もありますが、まずはセミリタイアを達成しました。




セミリタイア達成、まずやりたいこと

やり残した仕事・・・そうそれは海外での仕事。

海外に頻繁に行くようになり、そこからの人脈などで仕事も少ししていました。

事業の引継ぎが終わったら海外放浪しながら、海外での仕事をしばらくするつもりでした。

アンコールワット
しかし新型コロナウイルスにより、海外渡航が難しくなり・・・

商用ビザの渡航申請をして行けないか模索中です。

これだけやり切ればアーリーリタイアか、それとも他にやりたい仕事が出てくればやってもいいかなとか、

そこはその時の判断で好きなことやればいいのかなと考えています。

最後に、自分自身へのテーマ

まだまだ自分でもどういう方向に進むか分かっていませんが、

最低限生活していく蓄えはあるので、

「残りの人生、好きなことだけして生きていこう」

を実践していきたいと思っています。

実際は・・・
会社員の時も、経営者の時も、セミリタイア達成したあとも、ストレスは常にありますね。

なんだかんだ言っても不安やストレスは常にあって、まだまだ迷走中です。

それでも前向きに楽しんで、好きなことだけして生きていきたいと思います。

ABOUT ME
TAMA
40代後半からの計画と日々の生活日記 迷走しながらもアーリーリタイアに向けて進行中の生活など、気になること自由に書いていきます。