旅ニュース

ベトナムビザ30日ルール廃止、ノービザのルールやビザ取得方法など

ベトナムビザの30日ルール廃止はいつから?

2020年7月1日から廃止と法律を可決しました。

これまでベトナムに入国する場合、15日間まではノービザで入国できました。
但し、一度出国した場合に再入国するまでに30日を経過していないとビザが必要でした。

一番困るのが乗り継ぎで時間がある場合に入国して観光や宿泊などすると、行きか帰りに一度しか入国できない、東南アジアの周遊がやりにくい、イミグレーションで質問攻めにあって時間かかったりなど不便なことがありました。

また周辺国、カンボジアや中国などいったん移動して日帰りなどすぐに戻れるようになります。
いったん出国してまた入国すればまた15日間滞在できるので、ビザランする人も増えそうです。

このことに関しては正直あまり好ましくないですが・・・

元々はこのビザランを繰り返して長期滞在をする外国人が問題となり規制強化されましたが、観光客の増加によりルールが分かりにくかったり、入国を躊躇する人が増えることの懸念が強くなった模様です。

ベトナム、ノービザのルール(観光の場合)

商用(業務)や就労目的の場合は別対応となるので、観光(観光ビザ)の場合に関して記載させていただきます。

・30日間以内の場合は1ヶ月シングルと1ヶ月マルチプル
・90日間以内の場合は3カ月シングルと3カ月マルチプル
3カ月以上のビザは現在廃止されています。

シングルビザは取得期間の間に出入国を1度だけ(2020年6月末まで)
マルチプルビザは取得期間の間に何度でも出入国できる(2020年6月末まで)

2020年7月以降の30日ルール廃止後はマルチプルビザを取得する必要がなくなりそうですね。




ベトナムビザの取得方法

ベトナムに行く際に周辺国にも行かず15日以上滞在するには引き続きビザの取得が必要です。

ビザ取得にはいくつかの方法がありますが、代表的なものでリーズナブルに取得できる方法をお知らせします。

1、ネットからe-VISAの取得(オンラインビザ)

シングルビザのみですが25ドルで取得できます。

https://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/home

ちなみに偽サイトがあって、カード情報など抜き取らて引き落としだけされてビザが取得できないというトラブルが発生しています。

(私も引っ掛かり面倒な思いをした一人です、カード会社に連絡して引き落としされないように手続きしたのでお金は取られませんでしたが、隣国の旅行代理店で習得しなおしたので少し高く費用がかかり、時間も取られてしまいました)

上記URLは本物ですが、ご心配な方はベトナム大使館のホームページから移動するほうが安全です。

2、招聘状を事前取得してベトナムの空港でビザ申請

旅行代理店などから招聘状を所得してベトナムの空港到着時にビザ申請ができます。
オンラインビザは1カ月シングルのみでしたので、1ヶ月マルチプルや3カ月はすべてこれが最安値かと思います。

https://www.cheapvietnamvisa.net/

海外のサイトになりますが、招聘状の取得はここが安くてこれまで何度か利用しています。
ただ空港のビザ取得の一番の難点は混雑している時間帯だとビザ取得にも時間がかかってしまい、空港出るのに時間がかかることですね。

到着したらすぐに移動して遊びたい!という人には不向きかもしれません。

3、日本にあるベトナム大使館で取得

直接大使館に行くのが一番ですが、郵送も対応しています。
旅行代理店に依頼することもできますが高額になってしまいます。




ベトナムビザに関するまとめ

まだ2020年6月までは30日以内の再入国、15日以上などはビザ取得が必要です。
海外の入国ルールは良く変わります。

ちなみにベトナムは出入国カードの記載が不要なのでイミグレーションではパスポートだけ渡せばいいのは楽でいいですね。

せっかくの旅行で嫌な思いをしないよう事前準備して行きましょう。

ABOUT ME
TAMA
最近気になる話や情報など気ままに書いています。