旅ニュース

アジアで物価の安い都市はどこ?2020年版ランキングが公表されました

バックパッカーなどLCCをメインとして格安旅行を楽しんでいる人向けとなりますが、
Price of Travel社が2020年版のアジア・バックパッカー・インデックスを公表しました。

旅行費用などの調査やデータ分析をしている会社です。

アジアで物価の安い都市 調査データの基本内容

アジアを代表する人気旅行先31都市を対象に、宿泊費、交通費、食費、飲酒費、観光費の5つの指標を算出。

1日あたりの平均費用として、ホステル・ゲストハウス1泊、屋台や格安食堂での食事3回、バスや電車などの公共交通機関2回、観光地1か所、現地のビール3杯(!)と想定し、その合計費用の安い順にランキングしたものです。

私が旅行するときもお金を使う時は同じような使い方をしているので参考になります。
最近はLCCの飛行機も増えて海外への渡航も気軽に行けるようになりました。

ただ治安がいいと言われているところでも日本に比べると犯罪率は高かったりしますので、気を緩めないようにしましょう。

アジアで物価の安い都市 ランキング

1位 ハノイ(ベトナム) 19.68ドル(1日あたりの費用)
2位 ホーチミン(ベトナム) 20.52ドル
3位 ホイアン(ベトナム) 21.46ドル
4位 ビエンチャン(ラオス) 21.73ドル
5位 ヤンゴン(ミャンマー) 22.01ドル

6位 マニラ(フィリピン) 22.02ドル
7位 ポカラ(ネパール) 22.24ドル
8位 プノンペン(カンボジア) 23.04ドル
9位 チェンマイ(タイ) 23.37ドル
10位 ジャカルタ(インドネシア) 23.91ドル

(現地通貨から米ドルへの為替は2020年1月初旬のレート)
   出典:Price of Travel




以下、
11位 カトマンズ(ネパール) 
12位 デリー及びニューデリー(インド(タイ))
13位 ゴア(インド) 
14位 コロンボ(スリランカ) 
15位 ルアンパバーン(ラオス) 

16位 シェムリアップ(カンボジア)
17位 バンコク(タイ)
18位 西安(中国)
19位 バリ島(インドネシア)
20位 プーケット(タイ)

21位 台北(台湾)
22位 ムンバイ(インド)
23位 ボラカイ島(フィリピン)
24位 クアラルンプール(マレーシア)
25位 上海(中国)

26位 北京(中国)
27位 ソウル(韓国)
28位 香港
29位 シンガポール
30位 マカオ
31位 東京

ある意味堂々の最下位東京!




 

アジアで物価の安い都市でおすすめは

上位3位までがベトナムでしたね。
ベトナムはわりと治安も良いですし、物価も安くておすすめです。

アジアでビーチをメインに旅行をしたい方はバリ(インドネシア)やプーケット(タイ)でしょうか。
ベトナムの海はあまりきれいではないというか青い海は少ないです。

また、ベトナムは北(ハノイ)と南(ホーチミン)では気温差も大きい(特に冬場は)なので着るものも気をつけないといけませんね。

個人的な感覚ではベトナム、ラオスは治安も良く、シンガポール、マレーシア、中国、台湾も都会です。
カンボジア、インドネシア、フィリピンは少し怖い印象があります。

ラオスはあまり有名ではないですが、とても良い国です。四方国に囲まれて唯一海の無い国です。元フランス領でしたのでタイ料理に近いものからフランス料理まであり、欧米からの観光客も多いですね。

さらに地方都市に行くと物価はもっと安くなります。
現地語しか通じない、病院などの医療機関が無いなどは注意が必要です。

中国や韓国の一部の人は反日で日本人を嫌がる人もいますが、観光地では少ないようであまり嫌な思いをしたことはなかったです。

それ以外の国は基本的に親日なので日本人と分かるととても優しくしてくれます。
先人たちのおかげで良い印象を持っていてくれいますので、恥ずかしいことはしないように心がけています。

最近ではタイやカンボジアなどで日本人が犯罪を行って逮捕されるなどのニュースが増えていて、日本人の印象が悪くなることが危惧されます。

アジアの都市、治安などは?

どこの地域でもそうですが観光客が多いところには、ぼったくりのタクシーやスリなどが居ます。

最近はGrabでタクシーを手配できるようになったので利用できる地域はなるべく利用したほうが安全です。

残念なのはGrabが英語版までで日本語対応していないこと、操作方法もバージョンアップごとに変わりますので、最新の使用法など日本で確認していくことをおすすめします。

アジアの都市、通貨・両替など

空港や街中の両替も良いですが、キャッシングなども便利です。
私は現金は最低限、あとはキャッシングで済ませています。

ベトナムは物価が安いのですが通貨の単価が高いので分かりにくいのが難点ですね。
1万円で現在200万ドン超えくらいのレートになります。
100円のものが2万ドン・・・金銭感覚が追いつきませんね(笑)

その次にインドネシアでしょうか。1万円で120万ルピア、
そして、ラオスが1万円で80万キープ
スマホに両替用のアプリ入れて確認しないとよく分からなくなります。

あと値段を聞いたときに日本だと万単位(ゼロが4つ)で考えてしまいますが、現地の方は○○K(ゼロが3つ)の3桁を省略して言ってくることが多いです。

スマホの計算機に金額書いてと頼むとよく分からない桁数になるので気を付けましょう。




アジアで物価の安い都市 まとめ

いかがでしたでしょうか。
近年は円安や現地の物価高などになってきていますが、格安のLCCが増えていたりとぜひアジア含め海外旅行おすすめします。

ほとんどの地域が日本より暑いと思いますので対策はしっかりとしていきましょう。
行く前は準備万端で、旅先に到着したら気分次第で適当に・・・みたいな旅をしています。

 

ABOUT ME
TAMA
最近気になる話や情報など気ままに書いています。